おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP冷凍麺、半生麺、生麺、茹で麺、蒸し麺、だし|ラーメン、つけ麺、うどん、そば、パスタの製造販売

麺類に関する、お問い合わせ、ご用命は、麺づくり一筋、なか川まで。  TEL.0827-57-7257

会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ

                    辛辛つけ麺広島流へ戻る

広島つけ麺の考察 

2001年当たりから「つけ麺=広島」というイメージが定着してきたように思われます。では、広島つけ麺はどのようにして誕生したのでしょうか。

昭和29年(1954)、戦時中の中国でヒントを得た新宮さんが広島市中区八丁堀に中華料理店「新華園」が開業します。そこで出された「冷麺」は操業当初から人気を博しますが、昭和40年(1965)新宮さんの体調不良のため、店を閉める話が持ち出されます。

そこで、弟子入りし跡を継いだのが石崎京一さんです。現在も引き継がれるこの店のスタイル(一味唐辛子、ごま油、酢が合わさった辛くて冷たいダシに野菜をトッピングし中華麺をつけて食べる)が、現在の広島つけ麺の原形となっています。

また、昭和61年(1986)沖田秀喜さんによって開業された「流行屋」によって、このスタイルの冷麺が「つけ麺」と名付けられます。

そして、2001年あたりから、マスコミにも取上げられ、広島つけ麺ブームが始まり、現在では、70店舗に増えたともいわれている広島つけ麺店がしのぎを削っています。

広島つけ麺の特徴は、胡麻を浮かべた真っ赤なタレに一味唐辛子を加えます。これに、茹でキャベツ、きゅうり、ネギ、脂身の少な目なシャーシューをトッピングし、何倍といった辛さを指定出来るものが主流です。

おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP 冷凍,半生,生,茹で,蒸し麺,だし|ラーメン,つけ麺,うどん,そば,パスタの製造販売 なか川 TEL.0827-57-7257
会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ