おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP冷凍麺、半生麺、生麺、茹で麺、蒸し麺、だし|ラーメン、つけ麺、うどん、そば、パスタの製造販売

麺類に関する、お問い合わせ、ご用命は、麺づくり一筋、なか川まで。  TEL.0827-57-7257

会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ

ラーメンのはなしTOP

久留米ラーメン

 

昭和の初め(1926)から福岡県久留米市でうどんの屋台「たぬき」を開業していた宮本時男さんは、東京や横浜の支那そばの噂を聞き、横浜の南京街に行き、2年ほど修業した後、昭和12年(1937)、屋号を「南京千両」(その年、日本軍が南京を占領して日本中が沸きかえっていた為)に変えて支那そばを売り出しました。これが最初の九州のラーメン店です。独自性を出す為、スープは豚骨だけを使い白濁に近いものにしました。長崎チャンポンからヒントを得たという話もあります。ちなみに、南京占領は今日も屋台のまま営業を続けているということです。

久留米ラーメンの「白濁豚骨スープ」が本格的に広まりだしたのは、同じく久留米市内の屋台「三九」によってで、仕込みの時、沸騰しすぎたスープが白濁してしまい、それを調理したところ以外に美味しかったことにヒントを得、それ以来「白濁豚骨スープ」を売りにするようになったということです。昭和22年(1947)のことでした。

その後も、久留米ラーメンの勢いは続きます。昭和27〜8年頃、「三九」に続いて「丸幸」が開業します。(昭和40年に開店した「丸幸ラーメンセンター」は、さらに久留米ラーメンを有名にしました。)

昭和33年(1958)久留米市郊外の国道3号線沿いに「丸星ラーメン店」が開業します。長距離トラックの運転手さんの間で評判となり、丸星ラーメン店よって久留米ラーメンは全国的に有名になったといわれています。

今日の久留米ラーメンは伝統的な「ギトギト系」と現代風の「さっぱり系」が混在し、麺はストレート。トッピングは海苔を使うことなどが挙げられます。

−久留米ラーメン−

おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP 冷凍,半生,生,茹で,蒸し麺,だし|ラーメン,つけ麺,うどん,そば,パスタの製造販売 なか川 TEL.0827-57-7257
会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ