おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP冷凍麺、半生麺、生麺、茹で麺、蒸し麺、だし|ラーメン、つけ麺、うどん、そば、パスタの製造販売

麺類に関する、お問い合わせ、ご用命は、麺づくり一筋、なか川まで。  TEL.0827-57-7257

会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ

そば、うどんのはなしTOP

そば・うどんの特徴、地域性

 

そばとうどんの特徴

そば、うどんの共通点としては、【滑らかな触感】の麺につゆ(だし)といった液体と一緒に食べること、そして「喉ごし」で味わうことが挙げられます。

そば、うどんともにつゆ(だし)が麺の旨味を引き出します。

違うところは、素材、粒度、つなぎの要、不要などです。

粒度は小麦粉で作るうどんの方が細かく、また、うどんにはつなぎは必要ありませんが、そばには、打ち方にもよりますが、つなぎの役割を果たすものが必要となります。

さらに、つゆ(だし)の濃度も違います。

つゆやだしの味は、地域差が大きく関係してきますが、一般にそばのつゆ(だし)は味が濃く、うどんの方は薄い傾向にあります。

これは、そばは麺自体に甘味が少ない為、濃いめのつゆ(だし)にします。

一方、うどんは、麺に甘味と旨味が含まれているから薄い味の方が合うようです。うどんの旨味は、生地の寝かせによる酵素作用で生まれるものです。

※【滑らかな触感】日本人の好む料理には、水分の比重の高いものが多い。

主食の米飯は水分が65%、豆腐では90%を占めている。水の含まれている食べ物は口当たりが滑らかで、ソフトな傾向がある。

そば、うどんの人気が高いのは、つるつるとした喉ごしのよさで、ソフトな感触を満足させるからと思われます。

そばとうどんの地域性

2.そば、うどんの歴史 関東は「そば」関西は「うどん」の食文化』のところでも少し触れましたが、

大まかに分けて、関東より東はそば文化圏、西はうどん文化圏といえるようですが、そば文化圏にも有名なうどんがあるし、うどん文化圏の中にもそばが好まれる地域があるため、一概に決めつけるわけにはいきませんが、そういった傾向はあるようです。

このように、地域によって、嗜好に差が生まれる背景には、様々な理由があると思われますが、大きくは気候、つまり栽培適地の違いが挙げられます。

【小麦の栽培】には、年間を通して温暖な気候が必要ですが、【そば】は寒冷地に強い。だから、東日本にそばを嗜好する地域が多く、西日本にはうどんが根付いているものと思われます。

また、東日本は「つけ麺文化圏」で、西日本は「汁麺文化圏」という分け方もできます。東日本では、冷たいものを一気にツルツルと味わう傾向があるのに対し、西日本では温かいものをフーフーと冷ましながらゆっくりと楽しむ傾向があり、こういった点も嗜好の差となっているようです。

だだし最近、広島で流行っている「つけ麺」いわゆる「広島つけ麺」は、中華麺を唐辛子の効いた辛いダシで食べるもののことを指し、辛いのをヒーヒーいいながら食べるという、新しい麺文化も形成されつつあります。

※【小麦の栽培】日本の小麦は普通、米作などの裏作として作られているため、暖かい地域の方が適しています。しかし、日本で生産量が一番多いのは北海道ですよね・・・

※【そば】そばは、寒さに耐える植物であり、土壌がやせていても十分に育ったため、救荒食物として重宝されてきました。また、種をまいてから収穫するまでの期間は約75日と短期間です。

−そば・うどんの特徴、地域性−

おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP 冷凍,半生,生,茹で,蒸し麺,だし|ラーメン,つけ麺,うどん,そば,パスタの製造販売 なか川 TEL.0827-57-7257
会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ