おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP冷凍麺、半生麺、生麺、茹で麺、蒸し麺、だし|ラーメン、つけ麺、うどん、そば、パスタの製造販売

麺類に関する、お問い合わせ、ご用命は、麺づくり一筋、なか川まで。  TEL.0827-57-7257

会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ

麺製造工程

麺づくり一筋60年の経験を活かした、なか川の麺製造の様子などを紹介します。

麺づくり一筋60年、なか川の設備の紹介

麺づくり一筋、なか川のハサップ対応型晴海工場 なか川玄関 オゾン殺菌

@2001年完成、麺づくり一筋60年の経験を活かし、充実した設備と衛生管理に気を配ったハサップ対応型の晴海工場です。山陽自動車道、大竹インターを降りるとすぐのところにあります。

Aこちらが正面玄関になります。お問い合わせ、ご注文などもこちらで受け付けております。また、商品は、工場で直接ご購入も出来ますので、お近くにお越しの際は、お立ち寄りください。 B製造をしていない夜中には、自動的に工場内がオゾン殺菌されます。これによって、毎日、衛生的な環境が保たれます。ここから中が作業室。麺の製造はこちらで行います。
エアーシャワー室 冷却水装置(かん水、塩水) 真空ミキサー
C白衣に着替えた後、入室前に、エアーシャワーで前身の埃を落とします。その後、手洗い、鏡によるチェックを行った後、製造に入ります。 D冷却水装置。麺づくりの元となる「塩水、かん水」をここでつくり、温度を一定(低温)に管理しています。これが、品質の安定した、締まった麺生地の基礎になります。 E真空ミキサー。小麦粉と水を混合します。ふた上部と繋がったホースにより、ミキサー内の空気を抜き取ることで、麺生地に含まれる気泡を取り除き、茹でてもすぐに浮き上がらない、密度の濃い、締まった麺生地が出来ます。

生麺、半生麺の製造工程

水和(中華麺) 複合。(中華麺) 麺生地の寝かせ。(中華麺)
@水和。ミキサーでこねた後の状態です。ここで、小麦粉の細部に渡って水が均一に行き渡るように水和させます。おいしい麺をつくるには、設備も重要ですが、ゆっくり手間と時間をかけてつくることも重要です。 A複合。@の状態を帯状の麺生地にします。ローラーにより圧延し、棒に巻き取ります。 B寝かせ。巻き取った麺生地を乾かないようにビニールに包み、置いておきます。こうすることで、麺生地が熟成し、麺の旨みが引き出された、弾力に富んだ、滑らかな麺生地になります。
圧延。(中華麺) 干し。(中華麺) 半生広島ラーメン。
C圧延。三連式複合機で麺生地を徐々に薄くしていきます。なか川では、この工程を2度行い、より表面が滑らかで、コシの強い麺生地に仕上げています。 D干し。麺生地を麺線に切った後、温度と湿度が管理された、恒温恒湿庫で一昼夜かけて、じっくり冷風乾燥させます。こうして、半生麺が出来上がります。 E半生麺を袋詰め後、出荷します。
広島県産牡蠣使用、牡蠣うどん。 生中華麺の乾燥。 生中華麺、袋詰め。
Fスープも一緒に入れて、セット商品として、通信販売の他、駅、空港の売店などにも置いてあります。写真は「牡蠣うどん」。その他、オリジナルの半生麺を多数取り揃えています。 G生麺。Dの工程のところで、棒に掛けて干すのではなく、麺線を丸めて取り、トレーに入れて、半生麺と同じように、一昼夜かけて、じっくり冷風乾燥させます。半生麺より、軽く乾かします。 H生麺を袋詰めした後、出荷します。写真の生中華麺は、ラーメン屋さんで使われています。その他、つけ麺用の太めの中華麺、うどん、そば、パスタなどがあります。

茹で麺の製造工程

茹で釜。 冷却水。 茹でうどん。
@茹で。先ほどの生麺、半生麺では、「茹で」の工程はありませんでしたが、こちらは、麺を茹でた後、出荷します。6個釜のついた6連式茹で釜で、茹で時間をタイマーで設定し、うどん、そば、中華麺などの麺の種類、太さの違いによって茹で時間を変えています。 A冷却。茹で上がった麺は、すぐ冷水に入ります。茹で上がり後、すぐ冷却することで、麺の茹でノビを防ぎます。 B自動玉取り機で、1食ずつ計量され、袋詰めした後、出荷します。写真のうどんの他、手打ち式のうどん、そばなどがあります。また、ここでは、紹介していませんが、茹で麺とは別に、蒸してつくられる「蒸し麺」もあります。こちらは、蒸し焼きそば、蒸し中華そばなどがあります。

冷凍麺の製造工程

うどん生地の熟成。 手打ち式うどん スパイラル式瞬間冷凍機。
@ここでは、冷凍手打ち式うどんの製造工程を紹介します。生麺、半生麺のAの工程の様に、麺生地を棒に巻き取るのではなく、多加水でこねられた、うどん生地を温度管理された熟成庫で、一昼夜かけてじっくり熟成させます。 Aうどん生地を平たく延ばした後、長方形に切られたうどん生地が、3回に分けて、違う方向から延ばされていきます。これによって、生地の組織がより複雑になり、弾力のある切れにくい麺になります。 Bスパイラル式瞬間冷凍機。 茹で麺の製造工程の@、Aを行った後、1食ずつ計量をし、−40℃で30分間の瞬間冷凍を行います。こうして、茹でたてのおいしさをそのまま保存します。
手打ち式冷凍うどん 冷凍庫 なか川の冷凍車。
C手打ち式冷凍うどんを袋詰めします。 D出来上がった冷凍麺は、ダンボール箱に入れ、−20℃の冷凍庫で保管します。うどんの他にも、中華麺、そば、スパゲティ、ヘルシーな食材を練り込んだ麺など、様々な種類の麺があります。 E冷凍車で納品します。近隣地域(広島市内〜山口県玖珂あたりまで)は、自社配送。その他の地域は、弊社契約の運送会社にて発送しています。
ご紹介した以外の製品も多数取り揃えております。

各製品の詳しい説明は、以下のページでご覧いただけます。

個人様向けのセット商品はこちら 通販商品

                 業務用の製品はこちら 業務用

 

おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP 冷凍,半生,生,茹で,蒸し麺,だし|ラーメン,つけ麺,うどん,そば,パスタの製造販売 なか川 TEL.0827-57-7257
会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ