おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP冷凍麺、半生麺、生麺、茹で麺、蒸し麺、だし|ラーメン、つけ麺、うどん、そば、パスタの製造販売

麺類に関する、お問い合わせ、ご用命は、麺づくり一筋、なか川まで。  TEL.0827-57-7257

会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ

業務用へ戻る

イベントでうどんの販売をしませんか?

道具の貸し出しは無料です。 

わからないこと、ご質問などございましたら、お気軽になか川までご相談ください。TEL 0827-57-7257

 

うどんを調理する道具は、なか川で全てご用意出来ます。

毎年、各地で様々なイベントが行われています。なか川でも地域柄、広島県、山口県のフードイベントなどを中心に出店して、ラーメンやうどん、そばの販売を行っておりますが、素人の皆様にも簡単にうどんの販売が出来ます。

秋口などは特に、学校のバザーや運動会、文化祭、その他、自治体ごとの地域のイベントなど目白押しで、日曜日などは1日で10件ぐらい重なることもあります。毎年行っていて、慣れている役員の方もいらっしゃいますが、初めてで不慣れな方ももちろんいらっしゃいます。

学校や自治体などの役員に初めてなられた方は、「イベントで何をやったらいいんだろう?」とお悩みの方も多いのではないかと思います。学校や自治体の役員って積極的にやっていらっしゃる方もいますが、不幸にして?ジャンケンやクジで負けて無理やりならされた・・みたいなこともあるんじゃないかと思います。

そして、自分が担当のイベントの日が迫ってきて・・何をどうすればいいんだろう・・と不安になって来たりします。

そんな時、もし、食事が必要なイベントだったら、うどんの販売を考えてみてはいかがですか?

なか川では、うどんの販売ができる一通りの道具、食材を全て揃えています。しかも、うどん及びスープは卸価格、道具の貸し出しは無料です。

だだし、道具の貸し出し、返却は基本的に弊社まで来ていただくことが条件となりますので、その点だけ宜しくお願いします。(女性しか役員がいないくて、数量が多くて取りにこれないという場合などは対応する場合もありますが、弊社としましても配送人員に余裕がありませんので、その点はご理解いただければと思います。)

 

うどんの販売に必要なもの一覧

名 前

説 明

有料のもの(食材類)  
うどん そばも出来ますが、イベントではうどんの方が一般的です。通常は、茹でうどんを使われる場合が多いですが、こだわって手打ち式の冷凍うどんを使われる場合もあります。
スープ たまに、ラーメンをやりたいというご要望もあるのですが、ラーメンスープはイベントの場合、その場で野菜、豚骨などを煮出してからダシをとるので、素人の方には難しいと思います。その点でもうどんスープは20リットルタイプで80人分程度とれるものをご用意しておりますので簡単です。
天かす 天かすの他にも、手づくりの「掻き揚げ天ぷら」もあります。
かまぼこ 通常は、初めから切ってあるものを使っています。かまぼこを切る手間が省けます。
七味 1食ずつ小袋に入っています。
ネギ 通常、自家栽培したネギを切ったものを使っていただいております。
割り箸  
プラスチック容器が一般的ですが、自治体によってはゴミ処理の問題等で紙容器を使う場合もあります。
プロパンガス ガス屋さんに頼まれても良いですし、必要なら弊社でも、用意できます。
無料貸し出し(道具)  
寸胴 スープ用に1つ、麺茹で用に1つ必要です。うどんの数量が多い(200以上ぐらいから)場合には、それに合わせてさらに1つずつ必要になります。
コンロ 三連式のものです。2連式のものだとお湯がなかなか沸きません。寸胴の数だけ必要です。
風除け これも、スープ、お湯を効率よく温めるために必要です。また、風が吹くとコンロの火が消えることもあるので、その点でも必要になります。
てぼ これで、うどんを1食ずつ湯がきます。茹でうどんの場合、麺がほぐれてから、少ししたらOKです。
ひしゃく スープを注ぐのに必要です。
ガス調整器 ガスとコンロを繋ぐためのホースです。ガス屋さんで、プロパンガスを頼まれた場合は持ってきてくれる筈です。
ご用意いただくもの 以下のものは、なか川では、ご用意出来ません。お客様の方でご用意ください。
長テーブル 販売の場所に1〜2個、具材の盛り付けの場所に1〜2個、最低2つは必要です。出来れば4つぐらいテーブルがある程度あった方が、物を置いたりする場合にも便利です。
布巾 布巾かタオルも4枚ぐらいは用意してください。うどんの受け渡しの時にも、スープがこぼれることもありますし、具材の盛り付けの時も、こぼれたりします。
スプーン 箸でも出来ますが、てんかす、ネギは、スプーンでとった方が早いです。スプーンは大さじのものが良いです。1杯すくえば、ちょうどいいぐらいの量になります。ビニール手袋を用意して、直接つかんで入れても構いません。
タッパ てんかす、ネギ、かまぼこ用で、3つ必要です。大きめのものの方が便利かと思います。割り箸、七味を入れるものも必要です。これをタッパで代用しても構いません。そうすると合計5つ。
お金、食券の入れ物 何でもいいですが、ふたの付いたものの方がいいでしょう。風で、お札や食券が飛んでいったら大変です。管理に注意してください。
バケツとザル 廃汁、残飯用です。バケツに乗せられる大きさのザルを用意してください。イベント会場で共通のゴミ捨て場がある場合は、必要ないです。うどんを湯がき続けるとお湯が減ってくるので、補充用の予備の水を汲んでおくためのバケツがあった方が便利です。
チャッカマン コンロに火をつける時に必要です。
軍手 熱くて持てないので、コンロの位置を変える場合や片付けの時などにあった方が便利です。また、うどんを湯がく人も、ずっとテボがお湯に使っていると、金の部分が熱くなって持ちにくくなる場合があるので、そういう時などにも便利です。

※道具のみレンタルの場合

弊社の麺をご注文いただいた場合は、道具は無料で貸し出し致しますが、道具だけ貸して欲しいという場合もあるかと思います。その場合は、有料とさせていただきますのでご了承ください。

基本的には、寸胴1個、コンロ1個、風除け3枚、てぼ5個、ひしゃく1本が1セットで1,500円です。

イベントの内容によって、多少のセット内容の変更は可能です。詳しくは、なか川(TEL 0827-57-7257)までご連絡の上、ご確認ください。

 

イベントでうどんの販売を行う手順。

簡単にうどんの販売を行う手順を説明しておきます。不慣れな方は参考にしてください。

@なか川(TEL 0827-57-7257)までご連絡いただき、食数によって、必要なスープ、具材、道具の貸し出し数及び金額をご確認ください。

(イベントの1週間前にはご連絡ください。てんかす、かまぼこなどの具材の仕入れが間に合わない場合があります。)

A基本的に配送は行っておりませんので、取りに来ていただく日を決めます。

(量の多い場合は、道具は前日に取りにこられる方が多いですが当日でも構いません。食材類は、基本的には当日。)

B材料、道具が揃ったら、いよいよ、うどん販売の準備です。販売当日のセッティング方法、及び注意事項を簡単に説明しておきます。

(1)コンロを置く位置を決めます。うどんを湯がくためのお湯を沸かす方を後ろ側、スープを前側(実際に販売する側)にします。

(2)ガスとコンロを調整器でつなぎます。寸胴をコンロに乗せ、販売する方から見て、後ろ側の寸胴に水、前側の寸胴にスープを入れます。

水は、テボを寸胴に掛けた時に、テボのふちが漬かる位(上から3cmぐらい)まで入れます。

(3)ガスの栓を開けます。調整器も開きます。チャッカマンに火をつけた後、コンロのコックを開けて点火します。

注)チャッカマンの火をつける前に、コックを開けるとガスが漏れて危険です。それから、火がつかないからといって、決してコンロを覗き込まないでください。火がつかない場合、いったんコンロのコックを閉めてから、調整器の「閉→開く」を2〜3回繰り返してみてください。

(4)火がついたら、沸くのに1時間程度はかかりますので、その間に、具材をタッパに入れたり、実際に販売出来るようにセッティングしてください。これで完成です。

注)うどんを湯がく時は、なるべく沸騰したお湯で湯がいてください。また、スープは、沸騰直前に弱火にして、常に沸騰直前ぐらいの状態に保つようにしてください。また、スープを使わない時(あまりお客さんがいない時)は、ふたをしておくようにしてください。スープは、長時間蒸発すると、濃度が濃くなるので辛くなります。

(5)イベント終了後。道具は洗ってから、なか川まで返却してください。宜しくお願いします。

 

実際のイベントの様子。

イベントでうどんの販売(亀居城まつりより)

これが、実際にうどんの販売を行っている様子です。ほとんど主婦の方だけでやっています。人数にして5〜6人といったところでしょうか・・・

うどんを湯がく人、具(てんかす、ネギ、かまぼこ)を入れる人、スープを入れる人、お金(食券)をもらう人これで4人、その他、全体を見る予備の人が1人ほしいところなので、うどんの販売をする場合、5人はいた方がいいと思います。

1日で300食以上の販売となると、お客さんが集中したときは列になって、結構忙しいので、その場合もう少し、人数が多い方がいいと思います。お客さんが並ぶと結構焦るし、忙しいです。

 

お問い合わせはなか川まで

もし、イベントなどでうどんの販売をお考えの方は、なか川までご連絡ください。

道具の貸し出しは、広島県、山口県の方でないと距離的に無理だと思いますが、麺の販売は全国発送しておりますので、遠方の皆さんも、イベントで麺が必要な場合には、ご連絡いただければと思います。


(有)なか川 広島県大竹市晴海2-10-7

 tel 0827-57-7257    fax  0827-57-7220

 e-mail  net@nakagawaseimen.co.jp

営業時間:8時〜17時(日曜日定休)

おいしい麺づくり一筋、なか川。TOP 冷凍,半生,生,茹で,蒸し麺,だし|ラーメン,つけ麺,うどん,そば,パスタの製造販売 なか川 TEL.0827-57-7257
会社案内 麺製造工程 業務用 活動報告 お客様の声 麺料理 通販商品 お取り寄せ
中元 歳暮情報 販売管理 ラーメンの話 そば,うどんの話 食の話 ブログ グルメリンク サイトマップ